HOME

アイデアテーブルとでも、言おうか。

まるいテーブルの良さは、そのルックスから来る柔らかな印象…
いや、それもだけれど。
天板のすみずみまで自然に手が届き、かつ、導線を全くもって邪魔しない馴染みの良さ。
肌馴染みならぬ、空間馴染みとでも言いたくなる、この感覚。
これは、まるいテーブルが持ち合わせる伝家の宝刀的なものなのだけれど、それを得るために
失ったものもある訳で、それは単に壁との仲が悪いという一点に尽きる。(と思う。)
そんな唯一とも言える、まるいテーブルの弱点を、ばっさり!と払拭してしまったのがこちら。
巨匠、アルヴァ・アアルトがデザインした 95 TABLE 、通称‘半円テーブル’。
まるいテーブルが壁とお近づきになるには、どうしたら良いか…とアアルトが考えたかどうかは
定かではありませんが、実に潔くバッサリと!まるいテーブルを半分にしてしまったことで
ぎゅっとお近づきになることが出来、なおかつ、まるいテーブルの良さをそっくり受け継ぐことに
成功してしまったのです。
そんな半円テーブル。
アイデアから生まれたからなのか、実に多様な活用方法を秘めたテーブルなんです。
コンパクトなスペースにも置ける、ダイニングテーブルとして。
壁付けのデスクとして。
少しゆとりのあるスペースに、コンソールテーブルとして。(ディスプレイ用ステージの事)
2台揃えて、立派なラウンドテーブルとして。また、あいだにパーテーションを挟めば
対面デスクとしても。
どう使おうか…と、こんなにわくわくするテーブル。そうはありません。
決して広くはない場所へテーブルを置いても、ストレス無く往来することが出来てしまいます。
もちろんアアルト家具のアイコンとも言えるL型のレッグと経年変化を楽しめるバーチ材、そして
色選びの悩ましいリノリウム。
…おっと、artekならではの軽量さ、丈夫さも忘れてはなりませんね。
これだけの魅力がぎゅっっと詰まった家具だからこそ。
数多のアアルト作品中にあって、随一の名作として常に熱視線を浴びているのです。
(少なくとも、haluta社内では)

今回halutaで別注したのは、悩みに悩んで絞った3色。
そしてこちらは、爽やか且つ不思議と寒々しさを感じない、優しいライトブルー。
可愛くなりすぎてしまう事もある水色なのに、何でしょう。この落ち着きを感じさせる色味。
色使いに長けているフィンランド人の感性と、リノリウムという素材が持つ立体感がきっと、
この絶妙なバランスを生み出しているのでしょう。

家具は洋服と違って大きいので、ちゃんと考えて買わないと…というのも一理ですが。
このテーブルならば、使い道が決まってないのに買ってしまっても大丈夫。
大胆な言い方をするならば、それくらい何処にでも置けて、使えてしまうテーブル。
活用方法は、何色にしよう…と頭を悩ませている(しつこい)あなたのアイデア次第です。

Alvar Aalto ( artek ) 95 半円テーブル ライトブルー

型番 artek_ht_lb
SIZE直径120 奥行き60 H72(cm)
送料ランクB
販売価格 167,400円(税込)
購入数