HOME

経年変化したオーク材の、たまらなく魅力的な風合い。
ダイニングテーブルといえば、やはり食事をするところなのだけれども、そこは
食事を彩るステージでもある。
そう考えると、いかにダイニングテーブルが日々の食事、ひいては暮らしに重要なのかが
はっきりと見えてくる。
ただ、大きさが問題なければ良いというものでは無いんです。
デザイン、手触り、そして素材の持つ表情。
それら全ては、さりげなく、かつ、確実に食事のシーンへ影響を及ぼす訳で、そんな
大事なステージだからこそ、とびきりお気に入りの一台を選びたい。
こちらのラウンドテーブルは、あまり多く出回らないオーク材のもの。
50年以上も使い込まれる中で飴色へと風合いを増したオーク材の表情が何とも美しく、
それこそ毎日の食事の場としては最高のステージ。
ラウンドテーブルは角がないため満遍なくスペースを使えるのがメリットですが、そこへ
加えて2枚のエクステンションを備えており、相当な人数が押し寄せようとへっちゃら。
(椅子が足りれば、ですが。)
幕板と一体となったような、流麗なラインを描く脚部は最大の見どころ。
合わせる椅子を選り好みすることなく、かつ引き立ててくれそうです。
毎日使うダイニングテーブルだからこそ、食事が美味しくなるような一台を選びたいですね。

Johannes Andersen ラウンドダイニングテーブル オーク

型番 V1809102
year1950〜60’s
design/th>Johannes Andersen
SIZEW1195-1795-2395 D1195 H722
materialオーク
送料ランクE
販売価格 264,600円(税込)
購入数