HOME

もう少し小さければ、、、
代表的なウェグナーのソファの一つであるGE236を前にして、よく聞かれる感嘆。
そして、それを叶える一台がこちら。

巨匠 ハンス・ウェグナーがデザインした数多くの家具の中にあって、最もポピュラーな
ひとつであるGE290と並び、ウェグナーのデザイン力、ひいては彼が家具に注いだ情熱を
存分に感じられる名作の一つであるGE236ですが、2100を超える幅がどうやら日本の
インテリア事情的に少しばかり大きい。
それゆえ、1800のコンパクトサイズであるGE290により多くの視線が集まるようなの
ですが、こちらはその2台の(日本的に)都合の良いところをミックスしたかのような
優等生、GE235。
もはやその存在すら知らない方が多いのも当然で、なにせ圧倒的に流通量が少ない。
ぞろぞろと多くの家具が並ぶhalutaのウエアハウスでさえ、この一台しか無い。
このソファの何がそんなに良いって、それはGE236から引き継いだトータルバランスを
犠牲にすることなく、ぎゅっと日本に合わせたようにリサイズされていること。
(GE236のバランスについては、ぜひGE236のページで◎)
ほぼ同じ幅のGE290と比べて最も大きく違うのは、やはり着座感。
好みの問題でもありますが、座面と背もたれの傾斜が鋭い290と比べ、ソファとしては
フラット寄りな傾斜が必要以上にソファへもたれかからず、でも、確実に身体を支えて
くれるんです。
また、そのフラット寄りな座面は、立ったり座ったりという動作が非常にし易い。
そして、反発力あるスプリング内包のクッションゆえ、長時間の着座でも疲れない。
さらに、永く愛用する上で忘れてはいけないメンテナンス性。
各ブロックごとに分かれた6つのクッションは、それぞれサッとカバーを外せて張替えも
容易だし、フレーム一体にも見えるアームは下側のボルトを回せば取り外しができる。
ソファまるごと張替するのにも、クッションとアームだけ送れば済んでしまい、何なら
内部のウレタン材だってスプリングがあるお陰で必要量も少し。
結果、張替え時のコストをシッカリと抑える事ができてしまう。
えいやっと、いちど手にさえ入れてしまえば、丈夫に造り込まれたフレームと、考え抜かれた
クッション構造でランニングコストをかけずに快適な座り心地を維持出来てしまうなんて
やっぱりウェグナー、そしてこのソファ、恐るべし。
そう多くない◎の条件を、しっかり満たしているんです。
フレームは、ウェグナーが愛した量感たっぷりのオーク材。
せっかくなら壁につけず、背面が見えるところへ大胆に置いてもらいたいなぁと、そう
心から思わせる逸品です。

張地 : イタリア製のインポート生地

※こちらのソファは大型家具となりますので、事前に
搬入経路のご確認をお願い致します。
ご不安がある場合は、事前にお申し付け頂ければアームを外しての配送も可能です。
(別途、組み立て費用が発生いたします)
詳しくはお問い合わせ下さいませ。

*ご決済後の商品保管についてはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Hans J Wegner GE235 3シートソファ オーク

型番 V1811108
MAKERGETAMA
DESIGNHans J Wegner
materialオーク
SIZEW1800 D870 H810 SH420
送料ランクE
販売価格 594,000円(税込)
購入数