HOME


※こちらはお取り置き中の商品となっております。詳細についてはお問い合わせ下さいませ。

いわずと知れた、名作中の名作。
ウェグナーの考えるコンフォートチェアの、一つのゴールともいえるこちら。
通称‘Papa Bear’とも呼ばれるベアチェア。
もはや快適すぎて危険すら感じるのは、生身の熊と遭遇した時の危険とはまた別のもの。
(念のため、生身の熊と遭遇した事はありませんが。。)
そして、一人掛けのチェアとしては決して安くない価格さえも座ってしまうと替えがきかず、
これだけ快適ならば…と頭の中の自制スイッチがoffになってしまう点も危険。
言葉で表現しきれないのがもどかしいほど、包容力に溢れた魅惑の一脚なんです。
現在も製造が続けられるベアチェアですが、こちらは品番にも残るAP storen社で製作された
もので、張りものの製作に長けていたAP storenにベアチェアの製作を依頼したのはごく自然な
流れだったのでしょう。
天然素材である麻や馬毛、それにスプリングとウレタンを適材適所で組み合わせることにより
生まれるベアチェア独自の快適性。
どうせなら、1日でも早く迎え入れた方が長く使えて、結果的にリーズナブルなんですよね。
チェアのために仕事をする、チェアのために貯金をする。
それだけの価値がある一脚。
今回、張り替えに用いたのはデンマークのファブリックブランドKvadrat社のもので、
柔らかな質感が張り包みのチェアとの相性◎なTonus4。
アームも、そしてレッグもチーク材のものはそう多くなく、ファブリックとのコントラストが
実に美しい。
発表後半世紀以上を経てなお、故郷デンマークから遠く離れた日本の人々をも魅了し続ける
特別な一脚です。

張地 : Kvadrat Tonus4

Hans J Wegner AP19 パパベアチェア チーク

型番 V1811210
MAKERAP stolen
DESIGNHans.J.Wegner
SIZEW900 D950 H1010 SH420
MATERIALチーク
送料ランクD
販売価格 0円(税込)

SOLD OUT